本文へスキップ

賃貸経営の不安・空き部屋対策について紹介します。

『賃貸経営の空き部屋対策』は、 これから不動産投資の賃貸経営を始められる方にもわかりやすく、 どうやって空き部屋を埋めていくのか、どのように募集するのか、 といった空き部屋対策に関するあらゆる情報を紹介します。

賃貸経営と空き部屋

集合住宅の賃貸経営をこれからやろうと考えている方や、すでに手がけている方の 多くは空き部屋対策で頭を悩まされる運命にあります。 入居率を左右する要因はいくつかあり、立地条件なんかはもうどうしようもない かもしれませんがそれ以外のいくつかは対策次第で改善させられるものもあります。 いつまで経っても自分の経営しているアパートが埋まらない、入居者が大家さんを 褒めまくってくれない、そうした問題を解消したければ所有している物件を一度 見つめなおしてみるべきかもしれません。


ファミリー向け賃貸

戸建て賃貸や賃貸マンションはファミリーの需要が高いので、賃貸経営をされて るのならどのような物件が人気なのかを知るべきでしょう。 単身の方とはライフスタイルも違いますし、必要な設備や環境も同一と考えては ならず、もしもそれを知らずに不動産投資をしようものなら空き部屋が続出で 家賃収入が自分ノルマに達しない月が多くなってしまうでしょう。 単身向けよりも静かな環境が好まれるのがファミリー向けの賃貸住宅であることは なんとなく理解しているでしょうが、そんな大雑把なイメージではなく具体的に 条件を把握しておきましょうね。


家賃設定

入居を決めるかどうかの最重要項目は、希望する立地に適っているかと家賃です。 勤務地の近くに引っ越したい、春に入学する大学の近隣で1人暮らししたい、 そのような理由で物件探しをする場合まず射程圏内であることが第一条件となります。 どんなに安い家賃でも通勤に8時間もかかるような場所には住めませんし、たとえ 敷金礼金家賃の総額が0円でも関西にある大学に通う人は関東のアパートを新居に するわけにはいきません、通学費がそれ以上にかかるからです。 立地が一番重要になりますが、次にチェックするのはどのようなケースでも家賃 というのが当たり前ではないでしょうか。


入居者の募集

賃貸経営をスタートする場合も、入居者探しは不動産屋や管理会社に任せる形に なるのではないでしょうか。 なので不動産投資をされる方が直接募集することもないのですが、どのように 住民を獲得するのか、それを知らずに賃貸経営を長く続けるのは不安があります。 満室でいつも賑やかな方がホクホクですし、借り手がどんな行動をして住居を探すのか は土地活用をいくつか手がけるつもりなら把握しておいたほうが絶対にいいはずです。 募集をしなくても埋まってしまうような優良物件はそうそうありませんし、契約までの 流れはみなさんも理解しておきましょう。


バナースペース