本文へスキップ

ファミリー向けなら戸建賃貸が安心。

ファミリー向け賃貸

学校が近くにある

ファミリー向け賃貸 写真

小さなお子様のいるご家庭では、これから通学することになる学校との距離を とても重要視して物件を選びます。 園児ならば送迎バスがあれば通園に支障はありませんが、小学校や中学校は生徒が 徒歩や自転車で通学するのが基本ですので、学校までの道のりが長すぎたり危険地帯 を通らないといけないようなら、「そこに住むのは気が進まぬ、身体の弱いわが子を 毎日そんなに歩かせたくはない」と親は考えるのです。 学校までの距離と通学路の安全性、これは小さなお子さんがいる場合は確実に考慮 すべき事項なので、ファミリー向けの賃貸住宅を扱うのなら募集をかける前に 地図で確認をしておくといいでしょう。 教育に強い関心を持っておられる親御さんの中には、不動産屋で「この小学校に子供 を通わせたいんですが学区内でいい物件ないですかね?」と、学校指定をすることも あるほどなので、全ての物件がどの学区になるのか、通学するのならどのコースに なるのかまで事前に調査していてもいいくらいです。 評判の良い学校の近くならば競争率も高くなりそうだから少し家賃を高めにしたり、 その反対に徒歩ではどこにも通学できないような辺鄙な立地にある戸建て住宅なら 高望みはしないで値引きも視野に入れて入居者探しをする、これが迅速な契約の 秘訣になるかもしれないからです。 またこれから建物を造るのであれば、学校までの距離や周囲の環境によって単身向け かファミリー向けかを決めるのもいいでしょう。



静寂な住宅街

一家で暮らすのなら繁華街や深夜まで営業しているキャバクラが近くにないほうが 子供の教育上も好ましいので、静かな環境が好まれるでしょう。 お店がなければ車の往来も少ないですし、身の安全を考えても静寂な住宅街ほど 子供のいる慎重なファミリーの需要が高いのです。 賑やかなエリアは単身の人にはいいのですが、ファミリーだと正反対になるので 勘違いをされないようにして下さい。 あと公園が近くにあるのも好印象でしょう。 子供が外で遊びたいとだだを捏ねたとき、広い庭があればそこで自由に遊ばせることは できますが何度も繰り返しているとやがて飽きられてしまいます。 かといって家の前の道路で遊ばせるのは危険ですし、部屋の中で暴れられても片付け が大変なので母親はおおいに苦悩するでしょう。 そんな時に近所に公園があれば、わりかし安全なエリアで体力が尽きるまで子供を 遊ばせることができますし、そこそこ大きい子供ならその間目を離して自分は家事を 進行させることもできます。 暇を持て余した昼下がりにはお散歩をしてストレス解消したりと、近場の公園は なにかと便利な存在なので特にファミリー向けには高ポイントとなります。 駐車場が100台、みたいな大きな自然公園でなくてもいいので、砂場などの遊具が 3つほどの公園の近くの物件は大切に扱いましょう。



大家さんよりも管理会社

単身向けの賃貸住宅では大家さんの存在に頼りたがるガールやボーイが多いですが、 ファミリー向けになると管理会社が仕切っている方が好まれるようです。 人情味溢れる大家さんいるアパートやなんとか荘なら暇な時にフリーターや浪人生 の話し相手にもなってくれますし、アットホームな雰囲気で1人暮らしの寂しさを 紛らわせてくれるのでそうういった層に支持されるのも理解できます。 ですがファミリー向けの賃貸マンションには元気溌剌な子供を抱えた主婦が多数 住まわれていますし、充分に賑やかなので話し相手にも事欠かないのでしょう。 それにきちんと契約をして確実に問題点を解決してもらうには法人である管理会社 の方が好ましいと考える入居者も多いのです。 学生の多い借家ならそう考える人も少数でしょうが、社会人が大多数のマンション だと住民の意識も違ってくるので賃貸経営をされるのであればその点にも留意して いろいろと手配をしましょう。 手間はかかるけど自分でいろいろケアして住民の期待応えられる大家さんを目指すか、 管理会社にお世話を任せてその分出費が多くなるけど安心感を与えるか、これを 決めるのは自分がやりたいかそうではないか、だけはなくどんな物件で対象になる 相手はどんな層なのか、も絡んでくるのです。 目的が不動産投資としての賃貸経営ではなく、「大家さん」になることならばもう 口出しは致しませんが、物件に合わせて決めるのが収支的には良くなるでしょう。



バナースペース