本文へスキップ

空き部屋の無い賃貸経営のために入居者募集。

入居者の募集

雑誌で募集

入居者の募集 写真

賃貸住宅をお探しの方が利用するツール、と言って真っ先に浮かぶのは専門誌や フリーペーパーではないでしょうか。 駅やファミリーレストランに置いてあるフリーペーパーなら引越しを考えている 方が無料で入手できますから、契約候補者の目に触れる可能性が高いし、真剣に 考えていない人でもその気にさせる力を持っています。 なにしろ無料なので専門誌を購入するほどの熱意のない人にも手に取って貰える のがフリーペーパーの強みでしょう。 ただこういった紙媒体は掲載を依頼してから実際に配布されるまでにタイムラグが 発生しますので、掲載する募集の原稿を渡してから契約が決まるまでには最低でも 1ヶ月は待たなければならないでしょう。 原稿が完成してからそれが出回るまでに2〜3週間は必要となりますし、早急に 顧客をゲットしたいのならちょっとご不満なツールかもしれません。 またこの時差は物件を探している立場の人にとっても問題があります。 気に入ったアパートが見つかったから急いで電話をしたけど、すでに先客がおり 埋まってしまった、ということも起こりうるのです。 雑誌なりが世に出回る頃には別ルートで問い合わせをした人に先を越されることも 充分に考えられ、断ることになりガッカリさせてしまいます。 気長に探そう、というケースでは良いツールですけどね。



インターネット

スピード重視ならば雑誌よりもインターネットでの募集でしょう。 募集したければその日のうちに掲載できますし、埋まってしまったのなら即座に 削除できるとても便利なネットでの募集は、現在では紙媒体よりも利用者数が 増えているという話になっています。 今ならパソコンがなくてもスマートフォンでそれ系の情報サイトに簡単にアクセス 可能ですし、部屋で寝転びながらお部屋探しをすることもできるのです。 掲載数が多くアクセスされやすいのは賃貸物件を扱っている検索サイトになりますが、 ここは日本中の業者が登録しているので個別の情報量はあまり多くは載せられず、 また見てもらえる可能性も低くなってしまいます。 とにかく数多くの物件があるのでよほどお探しの物件との条件が近くなければ 埋もれたままになりがちでしょう。 不動産屋のホームページの場合は自社で扱っている物件だけの掲載となるので、 そんなに大量ではないからそれぞれの情報を詳しく伝えることができます。 アピールしたいポイントがあれば大々的に伝えられますし、見てもらえた場合は 問い合わせまで進む確率はこちらの方が高いでしょう。 また会社情報も載っていますから安心できそうな不動産屋か、これまでの実績は どうか、創業してから何年経っているか、といった情報も丸見えとなります。 なので信頼を得やすい、と考えてください。



今後はネットが優勢

お部屋を探す手段としては雑誌よりもネットを使う人が増えているらしく、この傾向 はしばらく続くだろうと思われます。 情報が多すぎるのがたまにキズですが、すでにたいていの物件は雑誌プラスネット、 もしくはネット上だけでの募集となっているようです。 なので確実に希望する賃貸物件を発見するためにはインターネットで検索するのが 確実で、またスピード感があるのも評価されています。 せっかく見つけた優良物件でも、目にした日に連絡を入れても「それですか、先週 決まってしまったんですよごめんなさいね。近くに少し高いけどお値打ちなアパート がありますがどうでしょう、バス停まで徒歩5分となかなか立地も良いですよ」 なんてことを2度も3度も繰り返すと、「もう雑誌で探すのは諦めようかな、だって 競争率の高そうな賃貸住宅はここで見つけても手遅れじゃん」となるのです。 ライバル達よりも早く優良物件をゲットしてやろう、そう意気込んでいなくても 問い合わせが不発続きだとテンションも下がっていくでしょう。 なので情報の速度重視でネット検索の利用者が増えているのですが、実際はそんな 簡単に探し物をみつけられずにいる方も多いようです。 賃貸経営をされている方が日本に何名いるのかカウントしたことはありませんが、 大手サイトだとその大半が登録しているでしょうから物件数は途方もない数です。 その中から上手く検索条件で絞り込んで希望する賃貸住宅を探し出すことができる 人間は決して多くはありません。 ですが今後どんどんユーザーが使いやすく改良されていくでしょうから、主流になると 予想されます。



バナースペース